悟りの窓

ようこそ 最高の自分 という生き方へ

魂とつながるセッション

魂とつながるセッション

1. 魂とつながるとは

(1)魂とは何か

魂とは、心の一番深いところに位置する本当の自分です。
本質的自己とも呼ばれます。

魂は自分そのものと言えるでしょう。
魂は、個としての自分の最深部にあり、そこから自分を取り巻く人々の集合意識につながっています。

集合意識はそこからさらに、普遍意識へとつながっています。
魂はいわば、個から全体へのいわば入り口のような位置付けです。

そして、魂は本質的自己であるというとおり、自分が自分である根本にあたるものです。
魂はまた、いくつもの転生(生まれ変わり)を経て成長していくもののようです。

生まれてきた目的というものも、この魂の成長と密接に関わっています。
心の成り立ち、構成要素の説明はこちらもご覧ください

(2)魂とつながる意味

幸せの形は人それぞれと言いますが、それでも、魂とつながる生き方はあらゆる人に共通する最高の幸せです。(→詳しくはこちら

人間の生き方として、最も価値があると言っても過言ではありません。
魂に沿って生きるということは、生まれてきた目的を果たすことそのものだからです。

そして、魂とつながっている人は、以下のような感覚で生きています。

  • 自分の軸が定まりブレない
  • 周りにも自分自身にも常に感謝がある
  • 自分の居場所はここという安心感がある
  • 日常のすべてが充実している
  • ワクワクする楽しさがある

自分の深いところとつながることは、マインドと呼ばれる小さな自分(小我)を超えたパワーや可能性を手にすることでもあります。

2. 魂とつながれない理由

自分の本質であり、人生の幸福度を大きく左右する魂ですが、現代ではほとんどの人が魂とのつながりが弱く、魂の声を聞くことができません。
魂は人にとって一番とも言える大切な存在なのに、どうしてそんなことが起きるのでしょうか。

その原因がトラウマと呼ばれる心の傷です。
今生に関するトラウマはバーストラウマ(周産期)、インナーチャイルド(幼少時)といって、自己否定感をもたらします。

トラウマから生まれる心の声を言葉にすると、「自分は生まれてきてはいけなかったのではないか」「生きていてはいけないのではないか」「自分は愛されていないのではないか」といったものです。
厄介なのは、ほとんどの人がその声を認識できないことです。

トラウマは心の深い部分にあって大人になる以前から存在していることがその理由です。
心の深い部分にあるので、声が届きにくく認識がむずかしいのです。

また、大人になる前からいつもあるので、その状態が普通というか慣れっこになってしまっているのです。
さらに、トラウマは俗に「三つ子の魂百まで」と言われるとおり、よほどしっかり取り組まない限り、一生を通じてそのまま居座り続けます。

これはトラウマが、エネルギー的に物理次元の現実よりよほど確固とした領域に存在するためです。
このため、変えることのできない自分の性格の一部であるとさえ認識されてしまいがちです。

魂は純粋な喜びの波動を発しているので、本来なら自分の価値は自分で認めて自己完結的に満足している状態にあります。

しかし、ほとんどの人は、他人の承認を求めてしまったり、他人を支配しようとしたり、価値証明的に頑張ってしまったりします。
これらは多かれ少なかれトラウマの影響によるものです。

トラウマの量は個人差がありますが、トラウマが多い場合は、以下のような思いを抱きやすく、生きづらさを感じることが多くなります。

  • 人生が思い通りにならない
  • 頑張っているのに報われない
  • 漠然とした不安がある
  • 自分の本音がわからない
  • 人間関係がめんどくさい

トラウマについてはこちらもご覧ください。

3. 魂とつながる方法

(1)自分でできること

前項で見たように、魂とのつながりを邪魔する最大の要因は、トラウマです。
したがって、魂とのつながりを取り戻し、魂の声にしたがった生き方をするためには、このトラウマをどうやって取り除くかが重要となります。

しかし、これも先にみたように(三つ子の魂百まで)、一度ついたトラウマは容易には変化しないのです。
そこでトラウマ(バーストラウマ、インナーチャイルド)を取り除くには息の長い取り組みが必要になります。

一般的には、瞑想、修行、インナーチャイルドセラピー、カウンセリング等の心理学的アプローチなどの方法が考えられます。
時間、費用、どこまで扱えるのかという点で一長一短があります。

各種トラウマ解消方法の比較については、一悟術公式サイトをご参考ください(甦生法=ヒーリングです)

(2)Fillzがお勧めする方法〜一悟術〜

トラウマ(バーストラウマ、インナーチャイルド)解消のすぐれた方法として、Fillzでお勧めしている方法が、一悟術という日本に古来より伝わる精神成長の方法です。

一悟術

一悟術には、ヒーリングとリーディングの2種類があります。
一悟術ヒーリングは高次エネルギーの働きにより、直接心の深層にあるトラウマを解消することができます。

ヒーリングはいわば潜在意識のクリーナーと呼べるかもしれません。
ヒーリングセッション1クール(20回、期間半年程度)で、トラウマの35%以上を解消することにより、トラウマによる悪影響がほとんどなくなります。

これまでどうしても思うようにならなかったことが自然とできるようになったり、楽に生きられるようになったという感想を持つ人が多くいらっしゃいます。

一悟術リーディングは顕在意識(自分領域)に働きかけるセッションとなります。
上述のとおり、多くの人はトラウマがあると魂の声が聞こえません。

その声を聞くことは、自分のイヤな部分に直面することや恐れが大きい方向を示唆するなど、小我にとっては都合が悪いことが多いです。
しかし、自己成長のためにはそのメッセージをしっかり受け取って行動に移すことが大切なのです。

そこでリーディングセッションでは、その時本にが聞く必要がある情報を受け取りやすい形でお伝えし、行動にうすつことをサポートします。
コーチングやカウンセリングのようなイメージですが、本人に関する多くの情報を、直接得られるので(本人から引き出す形ではなく)、より的確でスピーディーに進むことが可能です。

潜在意識に作用するヒーリング顕在意識の適正化をサポートするリーディング
その2つを併用することで、よりラクにスムーズに望む現実へとシフトし、セッションの効果を実感しやすくなります。

ヒーリング

リーディング