悟りの窓

ようこそ 最高の自分 という生き方へ

ブログ記事

ブログ記事一覧

生まれてきた目的、人生の使命を果たす一番シンプルな方法

「自分は何のために生まれたのか」、「人生の意味とは何か」、「生きる目的はなにか」 主体的に自分の人生を生きようとする人なら、一度はこれらの問いを自分に問いかけたことがあるに違いありません。 そして、この古くて新しい問いに、きちんとした答えが...

インナーチャイルドを癒して自分らしく生きる方法

誰にでもあるインナーチャイルド。子供の頃の満たされなかった欲求や傷ついた体験が作り出す心の傷、トラウマです。 どうして誰にでもあると断言できるかというと、親も人間である以上、子供が欲しがる無条件の愛を完璧に与えられるケースは極めて稀だからで...

インナーチャイルドを癒す7つの方法を比較

親子、仕事、異性などの対人関係がうまくいかない、何となく不安、いつも不機嫌、感情の起伏が激しく振り回されやすい、反対に感情を感じにくい(自分ではなかなか気づけませんが)、ついネガティブに考えがち、こんな悩みがある方は、間違いなくインナーチャ...

「かまってほしい」という承認欲求がもたらす5つの症状〜

小池龍之介さんという仏教のお坊さんが書いた「坊主失格」という本は、小池さんが自分の半生を振り返ってまとめた本です。 そこには「自分を認めてほしい」「かまってほしい」という承認欲求に振り回されて自分を見失い、苦しみ続けた赤裸々な体験が記されて...

悟りとマインドフルネス

マインドフルネスと悟りに深い関係があることは多くの人が知るところです。 マインドフルネス瞑想の真髄は、仏教に伝わるヴィパッサナー瞑想にあります。 ゆえに、ヴィパッサナー瞑想は釈迦が悟りを開いた瞑想であるので、マインドフルネスは悟りと深く関わ...

人類滅亡でも動じない究極のネガティブ情報の活かし方

いきなりで恐縮ですが、個人的見解として現状をみるにつけ、近い将来かなり悲惨な未来が訪れる可能性は低くないと思っています。 それは最終的に人類の滅亡につながりかねない、それぐらい重大な破局という意味です。 ポジティブ信仰の人だと、そんなことは...

人はいつからでも、どこまでも成長できるという体験談

加齢とともに身体のあちこちが痛くなったり、体力が落ちたりするのは世間の常識だと思います。 でも、私は今人生で一番身体のパフォーマンスが高まっているように感じます。 日常生活でも、登山でも。 このブログで綴っているのは、悟りという内面の成長へ...

「自分が一番大切」から始まる世界を愛で満たす方法

「自分が一番大切」というのは、すべての生物がそうであるように、私たち人間も同じです。 そういう意味で、自分より大切な人がいるという考え方は、ファンタジーです。 こう書いてしまうと身も蓋もないようですが、正しくあるがままを見ないかぎり、苦しみ...
More