悟りの窓

ようこそ 最高の自分 という生き方へ

生きるのが辛いのをなんとかしたい人向けのヒーリング

生きるのが辛いのをなんとかしたい人向けのヒーリング

「『生きるのが辛い』そう思えるあなたは大丈夫」で伝えたかったメッセージは、辛ければ辛いと思っていい、とにかく現状肯定から始めようということでした。

そして、人生で自分を肯定できる領域を少しずつ増やしていけばよく、その先に自分は大丈夫と思える瞬間がやってくる。

生き辛さを減らすための一つのよい方法です。

しかし、自分を否定する思いに身動きが取れないことがあるのもたしかですよね。

そこで、そんな状態であっても、「『わたしは大丈夫』と思える自分」になれる方法を紹介します。

一般的な解決法の矛盾

(1)誰もがぶつかる壁

「あなたの心があなたの現実を創っています。だからまず、心の方を変えましょう」

一般的な解決法を行おうとするとぶつかる大きな壁、それを端的に示すのが冒頭の言葉です。

そう言われて、「はいそうですか」と素直に変えられる人はいいです。

もし心から「わたしは大丈夫」と思えたら、確実にそういう現実がやってくるでしょう。

でも、思えないものは思えない。

そういうことってありますよね。

他にも、「自分を好きになる」、「自分を愛する」、「自分には価値があると思う」、「今にいる(未来を心配しない)」なども同じです。

(2)お金は万能のツールだけど・・

もう少しイメージしやすい例で考えてみましょう。以下の友人同士の会話をご覧ください

(友人AとBの会話)
A : 新しい服が欲しいんだよねー
B : お金があれば買えるよ
A : えっ、本当!?
B : だから、服を手に入れるにはお金を稼げばいいんだよ。
A : なんだそうか、じゃさっそく稼ぐよ!!

なんだか妙な会話ですが、Bさんのアドバイスが役に立つのは、Aさんが欲しい服がお金で買えることを知らず、稼ごうとすればお金を稼げる人だったケースです。

お金でたいていの物が買えることは子供でも知っていますが、「思いが変われば現実が変わる」のを知らない人はまだ少なくないかもしれません。

そういう人にとって、「思考は現実化する」や「引き寄せの法則」の教えは、価値ある情報でしょう。

でも、その法則を活かすために「思いを変えられる」かどうかはまったく別の話なのです。

お金で物が買えるのを知っていることと、お金を稼げることが別であるのと同じです。

(3)余計に落ち込んでしまう悪循環

にもかかわらず、多くの人が「思いを変えられない」自分を責めてしまいます。

アファメーションという手法があります。

持っていたい思い、たとえば「わたしは価値があり大切な存在です」と言う言葉を繰り返し唱える方法です。

しかし、どうしてもそう思えない場合、かえって逆効果になります。

一回思う毎に、「いや、そうじゃない」「自分なんか価値がない」「大切にされたことなんかない」と、自分の心の中から反論が聞こえてきます。

すると、 望む思いを言えば言うほど落ち込んでしまうということが起きます。

それがまた欲しくない現実をつくり、また思いが強化される。まさに悪循環です。

では、思いを変えられる人と変えられない人の違いはなんでしょうか。

それがわかれば対処の仕方が見つかるかもしれません。

わたしは大丈夫と思えない理由

(1)違いを生み出す要素

思いを変えられる人と変えられない人の違い、それは心の中にある要素からの影響度です。

その要素とは、生まれてから大人になるまでの間に負った心の傷です。

その傷を負った時に抱いた思いが、自分に対するネガティブな思いの源泉なのです。

生まれた時にはもちろん言葉を理解できませんが、言葉にするとこんな感じです。

「自分は生まれてきてはいけなかった」
「自分は存在している価値がない」
「自分はありのままでは不十分だ」
「自分は愛されない」

こんな思いが潜在意識にしっかり根を張っていたらどうでしょう。

これは、バーストラウマ、インナーチャイルドと呼ばれるものです。

バーストラウマ、インナーチャイルドの影響が大きい人の場合、アファメーションなどでポジティブな思いを言い聞かせたぐらいでは、焼け石に水というのが実際です。

(2)あなたはわるくない

その意味で思いを変えられないのは、あなたのせいではありません。

バーストラウマ、インナーチャイルドは潜在意識の深い部分にあり、顕在意識でなんとかしようと思っても、ちょっとやそっとではどうにもできないからです。

もちろん潜在意識もあなたの一部には違いありません。

でも、自分の一部なのだからきっとどうにかなるはずというのは幻想です。

自分の中にいるもう一人の自分ぐらいの認識が妥当かもしれません。

同じ家に住む家族であっても、思いどおりにはならないのと似ているかもしれません。

思うようにならないことを嘆き、自分を否定してもよいことは一つもありません。

まずは自分に非はないということで、自己否定から脱することが先決です。

その上で、取り得る対処法を探りましょう。

バーストラウマ、インナーチャイルドを解消する方法

(1)バーストラウマ、インナーチャイルドが厄介な理由

バーストラウマ、インナーチャイルドが厄介なのは、一つは潜在意識の深い部分にあるため、普通に生活しているとその存在に気づくことはまずないということです。

身体に傷があれば気づけますが、心の傷はそうはいきません。

生き辛さや自分を否定する思いなどの症状には気づけても、原因に気づけないので正しい対処が取れないのです。

そして、二つ目にそもそも心の傷の治癒が困難ということもあります。

生き辛さを抱えて悩んでいる人は、本を読んだり、ワークショップに出たり、あるいはセラピーを受けたり、いろんな方法を試すかもしれません。

しかし、あれこれやっても効果を実感しにくいのは、バーストラウマ、インナーチャイルドの影響軽減には途方もなく時間がかかるためです。

おそらく10年単位でなら効果は見込めるのでしょうが、かなり気の長い話です。

(2)バーストラウマ、インナーチャイルド解消ヒーリング

もっと短期間で著しい効果がある方法はないの?と思われたかもしれません。

そこで紹介したいのが、一悟術のバーストラウマ、インナーチャイルドヒーリングです。

一悟術は、古くから陰陽師の家に脈々と伝わる秘法であったものです。

この方法だと1クール20回が、最短で5、6ヵ月程度で受けられるので、比較的短い期間で影響の軽減が見込めます。

(3)受けるとどうなるのか

ずばり、変えたくても変えられなかった思いが変わります。

わたしは大丈夫と思えたり、自分は大切な存在と自然に思えたり。

ほかにも、、

人の目が気になって自分を抑え込んでいた人が、自分は自分と思えて自然に自分らしく振る舞える。

自分が嫌いと思っていたのが、なんか自分いいなと肯定的に捉えられる。

子供が幸せになるにはいい学校に行くことが必須と思っていたお母さんが、幸せの方法はたくさんあるし、形にとらわれる必要はないと思える。

などなど、多くの場合、自分が一番捉われていることから自然にあるべき方に変わるという感じです。

「変えればいいのはわかるんだけど、そう簡単じゃないよね」といった言わば核となる部分で、いつの間にか変化が起きるのが特徴です。

(4)体験セッションのご案内

いきなり20回のセッションに申し込むのは不安という人のために、体験セッションを用意しています。

  • 内 容  1時間ほどで20回1クールのセッションの1回分を体験していただき、質問にお答えします
  • 会 場  JR川口駅(池袋から15分)近くの個室スペースにて対面(連続セッションは遠隔で可能)
  • 費 用  1万2千円(消費税込)

体験セッションに申し込む

まとめ

いかがだったでしょうか。

バーストラウマやインナーチャイルドなど聞いたこともない話で戸惑ったかもしれません。

けれど、ここまで読んでくださったあなたはきっと心の奥で「何か」を感じているはずです。

その何かこそ、潜在意識の一番奥にある本質的なあなた、いわゆる魂が直感を通して伝えてくるものではないかと思います。

これまで変わらなかったあなたの人生、何もしなければ残念ながら今後も概ねそのまま続いていく可能性が高いのではないでしょうか。

もちろんそれも一つの選択です。

けれど、今とは違う人生を自分の力で引き寄せようと思った方は、思い切って飛び込んでみてください。

そんな人生に主体的に向き合うあなたなら、きっと後悔はないはずです。

自ら可能性の扉を開いてみようというあなたとお会いできるのを楽しみにしています。

体験セッションに申し込む