悟りの窓

ようこそ 最高の自分 という生き方へ

サービス

Fillzでは次の4つのサービスを提供しています。

一悟術ヒーリング、一悟術リーディング、感情カウンセリング、覚醒塾の4つです。

その目的はただ一つ、心の中にある「自分を愛することを阻むもの」を解消することです。
しかし、同じ心であっても部位によって性質が異なるため、それに合ったアプローチが有効なのです。

顕在意識へのアプローチ

多少大雑把ですが、心は表層から順に、顕在意識、感情、潜在意識で構成されています。

まず、顕在意識は、自分と思っている意識で、一般的には思考のことです。
自分を愛することを阻む要因としては、固定観念や思い込みがあります。

固定観念や思い込みは、すべてが良い悪いはなく、善悪さえないこの世界の一部を見ないことによって、形づくられます。
自分にとって都合の悪いものは見えないのです。それは痛みを避けるという心の自然な働きでもあります。

けれど、今度はその自分なりの世界観を守るため、他の人との間で正しさをめぐって争いが起き、皮肉なことに大きな痛みを生み出します。
守ろうという意識は必然的に敵を作るので、究極的に心が安らぐことはあり得ません。

そこで、顕在意識によるものの見方、考え方からブラインドを取り除き、物事をありのまま捉えるお手伝いをするのが、一悟術リーディングであり、覚醒塾となります。
囚われから解放された心は、自由で活力を取り戻すことができます。

一悟術リーディングは、言葉による一対一のセッションで、問題と感じている現実への捉え方をアドバイスしていきます。

覚醒塾は、3〜5名のグループセッションで、課題に取り組むことで過去の習慣に左右されない自由な思考の使い方を学んでいくものです。

感情へのアプローチ

次に、感情についてです。

感情は身近でありながら、それがなんであるのかほとんど理解されていません。
感情を一言で表すと、潜在意識と顕在意識をつなぐものです。

より深い部分からのメッセージを、快不快といった感覚をとおして伝えています。
本来感情は、伝えては消え、伝えては消えする、変化に富んだ流動性の高いものです。

けれど、多くの人がネガティブな感情を悪いものとして、蓋をしたり見ないことにして、感じようとしません。

たとえば、不安や恐れ、怒り、悲しさ、寂しさ、悔しさ、などの感情です。
すると感情は滞り、凝り固まり、ますます感じにくくなってしまいます。

しかし、押さえつけるのにも自ずと限界があります。
突然、怒りに我を忘れて言動を制御できなくなったり(俗にいうキレるという状態です)
感情に翻弄されて自分を見失ったり(女性によく見られます)。

そうなると、感情はよくわからないもの、扱いかねるものという認識になり、ますます感情を見なくなるという悪循環に陥ります。
そこで、感情カウンセリングでは、感情をエネルギーとして適切に取り扱うワークを行います。

感情との適切な距離感を取り、過去に滞った感情を解放することで、感情との良い関係を築くことができます。
感情は生命のエネルギーそのものですから、感情を味方につけることで生き生きと活力に溢れた人生を生きることができます。

なお、感情カウンセリングでは、ご希望により、一般的ないわゆるカウンセリングもお受けしています。

潜在意識へのアプローチ

最後に潜在意識は、通常自分では窺い知ることのできない心の深い領域で、魂と言われる本質的な自分も潜在意識の中に含まれます。
先ほど挙げた思い込みによってブラインドとなっている部分も潜在意識と言えなくもないですが、こちらはもっと深い部分に位置します。

そこにどんな思いがあるのか自覚することは簡単ではありません。
自分が満たされていることを認めたり、すでにあるものを受け取ったりすることを「阻むもの」、つまり、心の傷の正体もこの領域にあります。

私たちはこの心の傷を、バーストラウマ、インナーチャイルドと呼んでいます。
これらは、自分では気づきにくいことに加え、気づいたとしても対処できないという性質があります。
現実は幻という見方もありますが、諸行無常、ひと時も止まっていない現実に比べると、実際に潜在意識の世界は安定していて非常に変化しにくいのです。

つまり、心の傷はずっとそのままであり、そのため自分を愛することもすでに満たされていることも認めることができないし、すでにあるものをただ受け取ることもむずかしいのです。

この心の傷を癒すのが、一悟術ヒーリングです。

ヒーリングで「阻むもの」がなくなると、自分を愛することや自分の価値を認めることは、むしろ自然で当たり前となります。
最初に述べたように、私たちは本来愛そのものの存在であるからです。

「すでに満たされている」ことから始まる理想の人生にシフトするために、根本原因であるトラウマ(心の傷)を癒すことがとても有効です。

 

ご自分の場合、4つのサービスのどれが有効なのか、そういった疑問にもお答えしていますので、お気軽にお問い合わせください。

お問合わせはこちら