覚醒は「いつ」訪れる?

祇場駿矢です。

覚醒はいつも「今ここ」にある、と言います。
努力していれば、いつか覚醒できるかも、
という「いつか」は永遠に訪れない、という意味です。
これは正しい。

一方で、わたしは、覚醒は一生続く道と言っています。
これも正しい。

つまり、両方正しいのですが、これはどういうことでしょうか。
その理由はこうです。

覚醒の入り口は、「今ここ」にしかありません。
完全にクリアになっていなくても、本質的自己とつながるのは、
今しかないのです。

最初は断続的かもしれません。
意識的だったり、無意識だったり。
その意識的な今が、今、今、今と連続していき、
やがて、常時接続に近づいていき、
同時に、クリアになるにしたがって、深まっていく。

これを覚醒度が上がっていくと表現できるかもしれません。
つまり、今この瞬間に覚醒し、一生を通じて覚醒度を上げて
いくのです。

もし、完全にクリアになったときに覚醒すると考えていたら、
そう考えているかぎり、その時は一生訪れないでしょう。

「今ここ」?⇔覚醒⇔いつか(未来)?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です