感情の4つの役割

今の世の中では、感情的な混乱が、多くの問題を作り出しているように見えます。

そうなってしまうのは、心にある傷、思い込み、溜め込んだ感情自体などが原因です。

感情的なアップダウンを繰り返すのが、中毒みたいに病み付きになってしまう人もいると思います。

けれど、本質的には、感情の意味・役割は、シンプルです。

一つは、人生の彩り。人生というドラマを味わい深いものにしてくれます。

二つ目は、羅針盤。自分が心が求める方向に向いているのか、その逆なのか、感情が教えてくれます。

三つ目は、顕在意識と潜在意識が一致しているときは、ブースター。感情が行動を加速します。

四つ目として、顕在意識と潜在意識が相反している場合は、緩衝材。その齟齬を感情がクッションとなって受け止めてくれます。

このような、感情の意味とその価値を認識して、感情と良い関係を築きたいものです。

================
感情と意識や心の深い部分との関係についても、お話しします。

◯第3回「意識の覚醒」トークライブ
・日 時  12月27日(土) 18:30〜20:30
・場 所  東京都中央区銀座
・詳細申込 http://kokucheese.com/event/index/244218/

m_daafdf-7cc70

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です